Musical Haunt

日常と音楽制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

LAST RAINBOW 歌詞





ギリアが咲いた、まるで言葉が屑の様に
黒く煤けていつの間にか消えてゆくようだ
世界は揺れて、そんな声さえノイズだらけ
流れ続ける役立たずのラジオを捨てた

悲しい雨音に
私はなぜか泣いていた

震える手を包んで約束をした
私はあの日見た虹を見つけに行く
時計の秒針は止まり続ける
奏でた思いはもう消えていた

壊れた傘を君は静かに空にさして
何故か一人だけ濡れて止まない後ろ姿
私を君は強く手を握り締め引き寄せて
これが最後と歩き出した君が言う

落とした影法師
触れてもすぐに消えてゆく

重ねる度に優しいそのテノヒラを
私は分かってる嘘に気付いている
微かに走り出す私の足は
吹きつく雨にも気はつかないわ

誰もが行き着く世界の果ては
こんなにも綺麗でもう空は
晴れ渡る

悲しみの果てに出る最後の虹は
滲んだ青空に最後の唄声を
世界の錆びついた扉を開けて
綺麗な花束だけ抱えて行く

君が隣にいるだけでいいのにな
それすら世界にはずっと許されない
それえも君のことが・・・・・・













スポンサーサイト

歌詞 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新作を投稿しました | ホーム | お初にお目にかかります>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。