Musical Haunt

日常と音楽制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パンドラディスコ 歌詞




パンドラディスコ



甘い匂い、誤魔化す度揺れ始めた
忘れてゆくほど綺麗な朝に
腐り果てた感情の配列にも
まだ君は居ないの、何故なの?

軋む体、継ぎ接ぎだらけの私は
君を連れ戻すための足枷さ
嘘で固めて造り上げた姿から
この胸を突き刺す、踊るの

何も無くなった、私の言葉も
ぐるぐるる、廻る世界の端で
奏で続けるつまらないリズムは
だらだらら、踏んで堕ちてゆく

今、踊り暮れたこの二人
何処かで触れてしまったけど
想い出せないんだ、曖昧消えた夢が
今も私を縛りつけてみせた

その諦観には何があるの?
そこにある有り触れた悲しみは
吐き出したの、灰色染まる心、薔薇の色は
別に欲しくなんてないのさ


瞳閉じる眩暈の数夢を見せて
まだ見えない溶け出した裏側で
君が音すら立てず崩した時に
その声を求めて、壊れる

逸れた想いは私の言葉で
ぐるぐるる、巡る明日の指で
滲む景色の匂いも消えないで
だらだらら、探しイカレタの

まだ、進めないで立ち暮れた
私は誰かも知らない
確かめたいのにさ、何故、何故響く声が
君は私に銃を突きつけるの

もう、目の前には闇が降る
願いは叶えられただろ?
休ませてくれよな、すぐにさ私は終わる、君の色に
染めて欲しいだけなんだ

今、踊り暮れたこの二人
何処かで触れてしまったけど
想い出せないんだ、曖昧消えた夢が
今も私を縛りつけてみせた

その諦観には何があるの?
そこにある有り触れた悲しみは
吐き出したの、灰色染まる心、薔薇の色は
別に欲しくなんてないのさ




スポンサーサイト
歌詞 | コメント:0 | トラックバック:0 |

妄想少女とトイワールド 歌詞




妄想少女とトイワールド byタユ


赤い靴を履いて
ちょっと遊びに行こうよ
チュチュラブラ

ご機嫌ならさぁ
口ずさんでみなよ
不思議な歌さ
ラブチュチュラリチュ

こんな話聞きたくない
いつまで経っても動けないわ
あの椅子には戻れないわ
貴方はまだ其処に奥底に

そうだ
君の手を引き連れるんだ
あの町まで引き連れるんだ
赤い煉瓦のトンネルで小さくなる君と
星に願い事なんてさ
馬鹿だな


夜の海に沈む
指先まで青く
チュチュラブラ

遮るものも
無い筈なんだろ?
踊りを踊る
ラブチュチュラリチュ

埃塗れ、貴方の絵本
宙に浮かんだ、給水塔の時計
無邪気に笑う、貴方の顔が
私の心が思い出す

なんで
君は目を逸らしてるんだ
この唄から逃げているんだ
白い畦道の先でさ揺れる甘風に
君が溶けていく事でさ
痛いわ


そうだ
君の手を引き連れるんだ
あの町まで引き連れるんだ
赤い煉瓦のトンネルで小さくなる君と
星に願い事なんてさ
馬鹿だな

なんて
君の手に触れていたいな
その嘘さえ触れてやるんだ
黒く煤けた路地裏で見上げてる影と
街の灯りまで行くんだ
君とさ




歌詞 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スコールラグ 歌詞




スコールラグ

くだらない愛を唄うピエロは
今日も街を惑わし彷徨う
あー、いやいやいや
あなたは愛を知らないのどうなってるんだ

立ち眩む雨に踊る虚像に
感情さえ無くしたままで
あー、いやいやいや
暗い、暗い街の明かり悲しいわ

サヨナラばっかり詰め込んで
街を見つめて立ち尽くす
何もない、何もない
彷徨う私は小さすぎる

白昼夢が覚めないように
全てを赤で染め上げて
刻み出す

覚めないでこの愛を
眠り続けるだけ
苦しいわ、お願いねぇ、ねぇ、ねぇ
濡れるだけだ

消えないでその影は
帰る事は無いわ
此処でもうサヨナラ
あなたは居ないわ


錆ついた腕に滴る言葉は
零れ堕ちて私を嘲る
あー、いやいやいや
暮れだす指で描き出す帰るはずないわ

絡み出す赤い糸に先無く
カラの道が私を笑う
あー、いやいやいや
接いで、剥いで意味を探す可笑しいわ

したり雨が零れ堕ちた
裂き出す足を歩止めて
通り抜く


絶えないでその声を
響き続けていて
そのままに、想いはねぇ、ねぇ、ねぇ
繰り返せず

過ぎてゆくあの夜に
戻る事もないわ
あの日だけ触れたの
あなたの声にさ


濡れないでこの指を
何も戻らないわ
届かない、この手もねぇ、ねぇ、ねぇ
あるわけない

千切れてくこの糸も
掴むことはないわ
いるはずないあなたは
何処にいるのさ?


見えないわその愛も
雨と消えてゆくの
冷たいの、繋いでねぇ、ねぇ、ねぇ
あの日みたく

立ち入れぬあの場所を
壊し掃いて行くの
これでもう終わりね
暮れ落ち解ける

覚めないでこの愛を
眠り続けるだけ
苦しいわ、お願いねぇ、ねぇ、ねぇ
濡れるだけだ

消えないでその影は
帰る事は無いわ
此処でもうサヨナラ
あなたは居ないわ

歌詞 | コメント:0 | トラックバック:0 |

林檎飴 歌詞



またもや、適当にやっていたら

昨日のようになんとなく曲になったので

歌詞だけ置いていきます

曲名は適当です


林檎飴

ねぇ、ねぇ、ねぇ
少し眠いな、道端に蹲る夏の匂い

ねぇ、ねぇ、ねぇ
甘い吐息に誘われて蔓延る君の言葉

頭の中繰り返して、音を立てる下駄

林檎飴を齧る君を
このまま見つめて愛したいな
そんな事も出来ず揺れた
君が誰かも分からないのに







歌詞 | コメント:1 | トラックバック:0 |

crave 歌詞

自分用に曲を作ろうと

30分くらいでメロディーと歌詞を書いたら

あまりにも恋の歌になってしまったので

ん~と思いながら

歌詞だけ置いておきます



crave

有り余る程の恋心は
海に沈み、朝に消えていった
悲しみもいつか消えゆくけど
いつか、いつかなら止せばいいのに

あやふやに滲む言葉に
映る君に落とされて
夕暮れに溶ける想いを
届けてよ、あの日に

ねぇ、君もいつか恋の様な
淡い風に吹かれるだろう
その時に映るものがどうか
私でいて




歌詞 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。